長い片思い 「今日の川柳」「2008/09/25」
私は yomiuri.co.jp の発言小町が好きだ。(ほとんどROMで参加)
7月くらいに、「長い片思い」というトピックを見つけた。

長い片思い

優秀なシナリオライターによる良く出来た物語にも思える美しい内容に、心を奪われてしまった。

おおよその内容はこうだ

長い事ずっと好きな人が離婚した‥
想いを伝えたい‥(*´д`*)

まぁそんなおじさまの話にも終焉がやってきた
その終わりが今週の22日に締めくくられ、トピ主の切ない想いが述べられていた。

拱手傍観、切歯扼腕のくだりが(意味わからなくて調べたw)切なかった。

そしてなにより長恨歌の引用がとっても美しかった‥

連理の枝
比翼の鳥


トピ主が最後に締めくくったのは、生きてるうちは添い遂げられなかった(連理の枝となれなかった)けど、いつの日か雲の上で会おう(比翼の鳥となろう)ね。でした。

(´;ω;`)ブヮヮ

ここで一句

ボラーレと 比翼の鳥になり 空へ


補足:
「比翼の鳥」とは、2羽の体の片方ずつがくっついて、1羽になった鳥である。お互いの気を合わせないと飛ぶこともできない。

「連理の枝」とは、地上から生えた2本の木の枝が、1つにくっついている様子を表す。「比翼の鳥」同様、仲のよい様子の例えに使われる。
[PR]
by hir0_kane | 2008-09-25 14:22 | 趣味・・・
<< 日本ケータイ小説大賞、「あたし... 某キリン○麗生 ~飛ぶよ!?~... >>